東京都清瀬市松山の歯医者、清瀬いんどう歯科|ブログ

当院では患者様が5年後・10年後、その先も自分の歯でお食事などを楽しめるように正しい歯磨きの方法や個人に合わせた治療内容で健康なお口をサポートいたします。

ブログ

歯科クイズ

こんにちは、清瀬いんどう歯科の田中です(^.^)

早速ですが歯科クイズ第3弾です💡

Q1.フッ素による予防治療、正しいのはどれでしょう?

①歯石が付かなくなる

②口臭が消える

③歯の表面が虫歯に強くなる

A1.正解は③歯の表面が虫歯に強くなるです🦷

フッ素には虫歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの

再石灰化を促進し、歯の表面を強化して虫歯になりにくくする働きがあります。

Q2.サメの歯は何回生えかわるでしょう?

①1回

②4回

③何回でも

Q2.正解は何回でもです😁

人間の大人の歯は抜けてしまうと二度と生え変わることがありませんが、

サメの歯は何回でも生えてきます。サメは獲物を強力なあごではさみ、食いちぎります。

その際に歯が抜けることがありますが、ベルトコンベアのように並んだ歯は次々と生えてきます。

Q3.次の文で、正しければ〇を誤っていれば✖で答えてください。

【 】歯磨きのあとは、しっかりと口をすすいだ方がよい。

【 】歯が生えはじめたら、すぐに歯磨きを始めてよい。

【 】乳歯が生えそろったら、デンタルフロスを使ってもよい。

Q3.正解は✖・〇・〇です❕

【✖】フッ素配合の歯磨き剤を使っている場合、歯質の強化を促進する為、

フッ素をお口の中に残しておくことが大切です✨

すすぎは、1回程度にとどめておくのがオススメです(*^-^*)

【〇】歯が生えそろっていなくても、歯が顔を出したら歯磨きを始めてください。

最初は抵抗があるかもしれないので、歯ブラシで優しく歯にふれるところから😊

ハブラシを持たせたり、お口に入れることに慣れてもらうことが大切です👶

【〇】歯ブラシが届きにくい歯と歯の間には、デンタルフロスが適しているので、

是非使ってください。デンタルフロスには、Y字型になっているものと、F字型、

ロール状になっているものがあり、初めて使う場合は、Y字タイプがオススメです❣

何か気になることがありましたら、お気軽にご質問ください😳

◆インスタグラム◆ @kiyose_indo

https://www.instagram.com/kiyose_indo/

https://www.indo-dental.jp/

医院外観