予防歯科|歯科疾患から歯を守るための予防治療は 清瀬市・松山の歯医者 「清瀬いんどう歯科」

むし歯や歯周病を未然に防ぐために予防治療に力を入れています。

予防歯科

  • TOP
  • 予防歯科

予防歯科イメージ写真 歯の喪失は、咀嚼や発音などの口腔機能を低下させるだけでなく、歯並びや顔の歪みなどの外見、また消化や健康にまで悪影響を及ぼす可能性があります。
違和感や痛みなどの症状が出る前に、予防として検診を受けていただくことが大切です。

歯を失う原因とは?

歯を失う原因の図 歯を喪失する原因の大半は、不慮の事故によるものではなく、正しい口腔管理で防ぐことができます。
もともと治療すべきところがない方も、治療が終了した方も、虫歯や歯周病から身を守る為に、日々のセルフケアに加えて定期的なプロフェッショナルケアを受けることをおすすめします。
セルフケアとは自宅や出先での歯磨き・フロス・歯間ブラシであり、かける時間と回数が重要です。

セルフケアとプロフェッショナルケア

歯を守るために自宅で出来ること

正しい歯磨き

正しい歯磨きイラスト ご自分ではきちんと磨いているつもりでも、利き手側や歯の裏側など、大抵の人に磨き残しがあります。
虫歯や歯周病などの疾患の原因となる「プラーク(歯垢)」の蓄積を防ぐためには、日々の歯磨きの質を上げることが大切です。
歯磨きの上手・下手には驚くほど個人差があります。
しかし歯磨きの仕方にはものすごく特別なものはなく、新しい歯ブラシで時間をかけて、食事のたびに磨くことが重要になります。
また間食後にも短時間でよいので磨く習慣がある方は磨き残しがない方がほとんどです。

当院では、歯科医師や歯科衛生士によるブラッシング指導を行っています。
磨き残しが多くなる箇所の確認や、歯ブラシを当てる角度など、患者様それぞれに合ったブラッシング方法を丁寧にご説明いたします。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活イラスト だらだらと長い時間食べ続けたり、間食の回数が多かったりすると、お口の中は常に酸性の状態になり、虫歯のリスクが高まってしまいます。

毎日決まった時間に食事をとる・おやつに甘いものをとりすぎない
など、できるところから改善していきましょう。
また食べたら歯磨きをする、
口のなかの健康に気を付けるといったことを習慣にしましょう。

歯科医院で行う予防ケア

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門の機器とフッ化物入り研磨剤を使用して、個人では落とすことの出来ない歯石やプラークを除去するクリーニングです。
歯の清潔度には大きな個人差があります。理由は歯磨きの上手下手や習慣、生活環境です。
歯磨きの上手な方へのPMTCはより細かい部分(エアフローによる歯肉構内プラークなど)や着色の除去がメインになります。
逆に歯磨きができていない方は、大まかな歯石の除去から始まり、歯磨き指導などから改善していきます。

詳しくはこちら

定期検診

お口のトラブルを未然に防ぐために、歯科医師による定期的な検診が重要です。
「症状を自覚してから初めて歯科医院に通う」という患者様が少なくありませんが、すでに病状が進行し、手が付けられなくなっている場合が多々あります。
また一度治療終了となりましても、数か月、年単位で経過をみないと、問題があるのか、ないのか歯科医師にも判断つかないことが多々あります。
歯石の付き具合によっては一回の治療期間では除去しきれていない、もしくは除去できないことがあり、この場合定期的通院で歯石除去をすることによって、徐々に歯石を落としていくという場合もあります。
定期検診や定期的な通院は今すぐ治療が必要でないと思うと、どうしても億劫になったり生活の都合でブランクが空いてしまう場合もありますが、気が付いたときに時間に余裕を作って、お越しいただければと思います。

医院外観