東京都清瀬市松山の歯医者、清瀬いんどう歯科|ブログ

当院では患者様が5年後・10年後、その先も自分の歯でお食事などを楽しめるように正しい歯磨きの方法や個人に合わせた治療内容で健康なお口をサポートいたします。

ブログ

歯の磨きすぎはNG

こんにちは、清瀬いんどう歯科の千葉です🌞

歯磨きはとても大切なことですが歯の磨きすぎによって起こってしまうデメリットをお伝えしたいと思います。

過敏になりやすい

歯に強い力をくわえて磨きすぎることで、歯の表層・エナメル質が徐々に削れてしまい、象牙質が露出する場合があります。

象牙質の層は冷たい食べ物などの刺激に弱く「ズキッ」としみてしまうこともあり、いわゆる知覚過敏の状態になるケースもあります。

歯茎が下がりやすい

「以前より歯茎が痩せてきた気がする」「歯の根っこがみえてきた」などと自覚症状のある方は、歯を磨きすぎている場合があります。

歯周病によって歯茎が下がるという原因も考えられますが、そのほかにも歯磨きの圧が強すぎることでエナメル質や歯茎を傷つけてしまい、くさび状の歯の欠損を起こすケースもあります。

 

エナメル質が削れ、虫歯や知覚過敏のリスクが高まることも

「根面う蝕」といって、歯周病の進行や歯磨きの圧が強すぎる場合などによって歯茎が下がり、歯の根っこの部分が露出してくると、そこに虫歯ができてしまうことがあります。

歯茎が健康な状態であれば、エナメル質という固くて緻密な歯の層は歯が見えている部分の表面にしかなく、外から見えない歯の根の部分には象牙質とその表面に薄いセメント質という層があるだけです。

エナメル質は硬くて緻密な構造ですが、象牙質は顕微鏡で見ると細いストローを束ねたような構造になっていて、これは専門用語でいうと象牙細管と呼びます。

この部分は繊細で虫歯になりやすいだけでなく、露出しているとその細い管を伝わって冷たいものなどの刺激が神経に伝わり痛みを感じたり(知覚過敏)、またその管の中に色素が入り込んで歯の付け根の部分が着色したりします。

 

 

歯の根っこが見え出した方は、早いうちにその予防のために早いうちに診察にお越しください😊🦷

皆さんの大切な歯を適切な歯磨きの仕方で守りましょう!

◆インスタグラム◆ @kiyose_indo

https://www.instagram.com/kiyose_indo/

https://www.indo-dental.jp/

医院外観