東京都清瀬市松山の歯医者、清瀬いんどう歯科|ブログ

当院では患者様が5年後・10年後、その先も自分の歯でお食事などを楽しめるように正しい歯磨きの方法や個人に合わせた治療内容で健康なお口をサポートいたします。

ブログ

歯科クイズ

こんにちは、清瀬いんどう歯科の田中です(^.^)

歯科クイズ第2段です💡

Q1.口臭が発生しやすいのは ?

①お腹が空いたとき

②甘いものを食べた後

③寝る前

A1.正解は①お腹が空いたときです。

1番ニオイが強くなるのは起床時ですが、お昼前のお腹がすいたときに

強くなる口臭を「ハンガーブレス」と呼び、夕食前にも同じパターンとなります。

規則正しい食生活・生活習慣を心掛け、水分補給をしてください🍵

また、ガムを噛むことで、口臭を軽減できます(*^-^*)

Q2.歯のない動物は、次のうちどれでしょう?

①ペンギン

②ライオン

③イルカ

A2.正解は①ペンギンです。

ペンギンは鳥の仲間なので、歯はありませんが、トゲのようなものが

沢山並んでいて、このトゲは喉に向かって並んでいるため、

捕まえた魚を逃がさないようにする釣り針のかえしのような役割をしています🐧

Q3.奥歯が一本なくなると噛む力は ?

①ほとんど変わらない

②2割減る

③半分減る

A3.正解は③半分減ります。

思いっきり歯を噛みしめた時、人間は約70㎏の咬合力ですが、

日常的に食事をとる時の咬合力は、男性で60㎏、女性で40㎏程です🍖

さらに、夜間の歯ぎしり(起床前の約3時間に多く発生します。入眠時よりも覚醒時)では、

顎骨に500㎏〜1000㎏荷重がかかり歯牙単位では、250㎏の荷重がかかります。

ちなみに、ライオンは咬合力が400㎏程で、世界一の咬合力の持ち主は☟

ナイルワニで2268㎏です🐊😊

📢噛む力は健康に大きく関わり、老化だけではなく、食生活の変化でも

噛む力は低下します。また、虫歯や歯周病などの口腔疾患によっても

噛む力は低下します。そうすると…

食事が楽しくなくなる→柔らかいものしか食べなくなる→噛む力が低下する

このように悪循環になってしまいます😨💦

予防を行うことで年齢を重ねても自分の歯でしっかりと噛めるように

維持することが大切です。日頃から歯の健康を守る為、定期的な検診へ

是非いらしてください🦷✨

◆インスタグラム◆ @kiyose_indo

https://www.instagram.com/kiyose_indo/

https://www.indo-dental.jp/

医院外観