清瀬いんどう歯科|清瀬市松山の歯医者・歯科|ブログ

当院では患者様が5年後・10年後、その先も自分の歯でお食事などを楽しめるように正しい歯磨きの方法や個人に合わせた治療内容で健康なお口をサポートいたします。

ブログ

11月15日は口腔がん検診の日

こんにちは、清瀬いんどう歯科の田中です(^.^)

口腔がん検診の普及と啓発を目的に11月15日は

口腔がん検診の日に制定されました🦷

日本での口腔がんの頻度は食道がんと同程度ですが、

罹患率・死亡率は急増しています😱

日本の口腔がんの死亡率は、全28部位中で「46.1%(第10位)」に位置して、

なんと、米国(19.1%)の2.5倍以上の死亡率なのです😢😢

そして以前は、口腔がんは「高齢者・男性のがん」と言われていましたが、

ここ最近では「若年層・女性の患者」もどんどん増加しています❕

また、口腔がんが進行すると手術により舌・頬・顎を切除することになります。

【口腔がんの初期症状】

口腔がんの自覚症状で最も多いのが口腔内の痛みです。

しこり、腫れ、ただれ、出血、歯のぐらつき、口臭などが初期症状として

挙げられますが、初期の段階では痛みが少なく、痛みが出て来た時には

すでに進行しているケースが多く、舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、

なかなか治らない口内炎などの症状には注意が必要です⚠

【主な原因】

*喫煙

口腔がんが発生する最大のリスクファクターは、喫煙です。

喫煙者の口腔がん発生率は非喫煙者に比べ約7倍も高く、

死亡率は約4倍も高いという報告があります🚬

*飲酒

喫煙に次ぐリスクファクターとなるのが飲酒です。

特に50歳以上の男性で、毎日タバコを吸い、尚且つお酒も飲まれる方は

最も危険です。飲酒時の喫煙は、タバコに含まれている発がん性物質が

アルコールによって溶けて、口腔粘膜に作用する為より

リスクが高くなると考えられています。

*その他

喫煙・飲酒以外に「お口の清掃不良」や「虫歯の放置」や「栄養不良」

「合わない入れ歯や合わない被せ物のなどによる慢性的な刺激」

などもリスクファクターとして挙げられます。

【日頃から気をつけること】

①タバコ・お酒を控える

②偏食をせずバランスの良い食生活を心がける

③歯磨きやうがいを習慣化してお口の中を清潔に保つ

④合わない入れ歯・かぶせ物、治療していない虫歯があれば放置しない

💡進行した虫歯をそのままにしていたり、合わない入れ歯を無理して使うと

舌や頬を傷つけていたり、お口の中が歯垢や歯石で汚れていたりすると

口腔がんが発生しやすくなります。つまり口腔がんの予防で大切なことは、

定期的な検診を受けることです(*^-^*)✨

虫歯の適切な治療やこまめな入れ歯の調整・虫歯や歯周病を予防するための

クリーニングなどを受けることでお口の中は清潔に保たれ、

口腔がんのリスクを下げることに繋がります。それと同時に、

「がん」を寄せつけない生活習慣(タバコ・お酒を控える、ストレスをためない、

バランスのよい食生活、適度なスポーツなど)を心がけてください🗻🚶‍♀️💨

Instagram📱Twitter @kiyose_indo

https://www.instagram.com/kiyose_indo/

https://twitter.com/kiyose_indo

https://www.indo-dental.jp/

医院外観