東京都清瀬市松山の歯医者、清瀬いんどう歯科|ブログ

当院では患者様が5年後・10年後、その先も自分の歯でお食事などを楽しめるように正しい歯磨きの方法や個人に合わせた治療内容で健康なお口をサポートいたします。

ブログ

歯の黄ばみの原因

こんにちは、清瀬いんどう歯科の田中です(^.^)

歯の黄ばみの原因は、加齢やコーヒー・ワインなどの

食品や飲料に含まれる色素による着色汚れです。

また、歯のミネラル成分が溶け出すことで

くすんで見えることも関係しています。

歯の構造としては、主体をなしている【象牙質】

表面を覆って象牙質を守る役割を果たす【エナメル質】

血管や神経などが通る【歯髄(しずい)】があります。

エナメル質は色が薄く半透明なので、エナメル質を通して

その内側の象牙質が透けて見えます。

肌や紙の色と同じように個人差があるものなので、

生まれつき白い人もいれば、黄色味を帯びた人もいます。

また、エナメル質の厚さや透明度・凸凹などのよっても

歯の表面に光が反射することで白っぽく見えたり、

象牙質の色の見え方が変わったりします。

元々歯が白かった人でも、都市を重ねるとともに

少しずつ白さを失い、黄ばんでくることがあります。

加齢によって象牙質そのものの色が濃くなっていくこともありますが、

歯が黄ばむ原因の多くは、象牙質ではなくエナメル質にあります。

原因のひとつはステインと呼ばれる着色汚れです。

では、着色汚れの原因はなんなのか?

①タバコ…タバコのヤニ(タール)が歯にこびりつき、

茶色くくすんでいる。

②コーヒー・紅茶・烏龍茶…コーヒーや紅茶に含まれる

タンニン・カテキンなどが黄ばみの原因となる。

③赤ワイン・チョコレート・グレープフルーツジュース…ワインや

チョコレートに含まれるポリフェノールがステインとなる。

赤ワインはタンニンも含んでいます。

④カレー粉・醤油・ケチャップ・ソースなど…調味料に含まれる着色料で着色する。

📢このように元々の象牙質の色や、普段の生活の中でつく

ステインが黄ばみの原因だったんですね😲

では、次回はその予防についてお話しようと思います🦷

◆インスタグラム◆ @kiyose_indo

https://www.instagram.com/kiyose_indo/

https://www.indo-dental.jp/

医院外観